S.I.H.H. 2012 AUDEMARS PIGUET ロイヤルオーク41mm オートマティック

オーデマ・ピゲのメインモデル、ロイヤルオークがフルモデルチェンジしました。
これまでの39mmから41mmにサイズアップして、より精悍なスタイルになっています。


Ref :  15400ST.OO.1220ST.01
ムーブメント:Cal3120
ケース:41mm
防水:5気圧(50m防水)
価格:予価¥1,365,000-(税込み)

今回のAPは不動の人気を誇っていた15300シリーズのケース径が大きくなるという話のもと、「一体どうなるのだろう」
と思いながらも現物をこの目で見るのを楽しみにしていました。

いざ腕に装着してみると、その大きさには何の違和感もなく、今までの肌に合うやさしい装着感とかわりありませんでした。

違う所は、文字盤の彫り加減が浅くなっているのと、色が少しうすくなっているくらいでしょうか?

文字盤は黒、白、ブルーの3色で、今年6月ごろに日本入荷予定です。

40年前に高級時計の概念を覆したロイヤルオーク同様、ケース、ベゼル、ブレスレット等ステンレススティールで作られていますが、やはり今回のモデルもその磨き仕上げは他に類を見ないほど綺麗です。

サテン仕上げとポリッシュ仕上げの絶妙なコントラストが高級感を際立たせ、八角形のベゼル上の8つの六角形のネジはホワイトゴールド製です。


ロゴの上のAPのイニシャルは、以前の39ミリのバージョンよりもより控えめになっています。

ムーブメントにはこれまで同様キャリバー3120を搭載し、60時間パワーリザーブで21600振動/時となっています。

同じくロイヤルオーク・クロノグラフも41ミリに、こちらは大きくなることで以前よりストップウォッチ計の配置のバランスがよくなり、かなり格好良いです。

ステンレスモデルは、
文字盤は黒、白、ブルーの3色、
価格は2,100,000円(税込み、予価)です。

 


その中でも特に格好よかったのはK18ピンクゴールドケースのレザータイプ、、ちょい不良度満載で、最高です。

価格は3,570,000円(税込み、予価)です。

これらすべて、6月日本入荷予定です。

入荷時期は少し先になりますが、新しいロイヤルオークをぜひ、ご覧ください。

EYE JEWELRY UMAKI 岡山店