Chopard<レディースウォッチ>

1860年、スイスのジュラ山脈地方に位置する村、ソンヴィエ。

ここで ルイ・ユリス・ショパールが時計工房を開いたのが
現在のショパールの起源と言われています。

当初は実用的で高精度の懐中時計などを製造しており、
その正確さが認められ・・・なんと!
スイス鉄道に納めていたそうです!!凄いですよね!

代々スイスの時計職人という家系に生まれた
ルイ・ユリス・ショパールの評判はすぐに高まり、
特に手作りの精密なポケットウォッチは有名になったそうです。

その後、1920年には創業者の孫にあたるポール・アンドレ・ショパールが
本社をジュネーブに移転しました。

それにより、ショパールは市場を世界各国に広げることに成功し、
その成功から数えること20年弱の1963年には、さらなる飛躍をする転機が訪れます。

それは、ドイツで高級ジュエリーとジュエリーウォッチを製造し
独自ブランドも持っていたカール・ショイフレとの出会い。

現在のショパールが持つ二面性のひとつ、
ジュエリーやジュエリーウォッチのノウハウをショイフレ家がもたらしたのです。

ショイフレ家と出会ってからショパールは飛躍的に販売を伸ばし、
1975年には本社工場をジュネーブ郊外のメイランに新たに建設。

こうしてスイスの伝統的な時計作りの技術に加え、ドイツ屈指の名門ジュエラーのノウハウとセンスという強力な後ろ盾を得たショパールは・・・

1976年ついに!
「ハッピーダイヤモンド」という、40年以上もの間ヒットを飛ばし続けるロングセラーモデルを発表します。

デザイナーが散策中に、
滝からほとばしる水滴が太陽に光を受けて美しく輝く様子を見て
思いついたといわれる「ハッピーダイヤモンド」。

そして「ハッピーダイヤモンド」からインスピレーションを受け
1993年に発表されたのは・・・

それまでになかった斬新でキュートな「ハッピースポーツ」コレクション!!

こちらもまたたく間に高い評価を受け人気シリーズの仲間入りを果たしました。

女性の腕上でキラめくジュエリーウォッチ!

さらに注意深く眺めると、文字盤の上をダイヤがスイングして
コロコロと可愛らしく踊るさまが、なんとも楽しくてゴージャスな
ショパールのレディースラグジュアリーウォッチ・・・

女性は、やっぱりキラキラが大好きなんです~!

今年のクリスマスは輝く星空のもと、腕上にもまぶしいほどのキュートでキラキラの輝きをまとってみてはいかがでしょうか??