BVLGARI 「新型ブルガリブルガリ・レディ」

今日は、ブルガリブルガリの新作をご紹介します。

ブルガリブルガリ(以下BB)といえば、1977年に発表され、その後30年以上にわたって世界中で人気を獲得している、誰もが一度は見たことのある、ブルガリのアイコンですね。

考えてみると、ブランド名を2回連呼した名前も大胆ですが、ブランドロゴをベゼルに大胆にあしらったそのデザインは、一度見ると忘れられない存在感です。

この特徴的なデザインは、AP「ロイヤルオーク」やパテックフィリップ「ノーチラス」、カルティエ「パシャC」、IWC「インヂュニア」など数々の名作ウオッチを生み出した時計デザイナー、ジェラルド・ジェンタ氏が手掛けたもので、氏の代表作となっています。

BBといえば、シリンダーをスパッと切ったような完全な円筒形で、これまでの腕時計とは全く違ったケースが特徴です。BB発売以降、BBを参考にデザインされた腕時計が何種類も出たことも有名です。

そのBBのレディスモデルが、今回フルモデルチェンジしたわけです。
これまでのモデルと比較してみると、
レディスサイズは23mm、26mmだったのに対し、新作は26mm、33mmと全体的にサイズアップしています。

ダイヤルがマザーオブパールになり、丸みを帯びた針が手元を優しく飾ります。

そして、リューズにはカボションカットのカラーストーンをセッティングし、ジュエラーであるブルガリのエッセンスをこれまで以上に盛り込んでいます。

これまではメンズとレディスが同じデザインでしたが、今回発表された新作レディスはメンズモデルとは大きく違ったデザインになり、より女性らしい雰囲気になっています。

ブレスレットの仕上げがこれまでと逆転し、外側がポリッシュ、内側がサテン仕上げになりました。

PG/SSコンビ BBL26WSPG/12
693,500円

SS ホワイトM.O.P. BBL26WSSD
399,000円

SS ホワイトM.O.P. 12Pダイヤ BBL26WSS/12
514,500円

ぜひ、店頭で実物をご覧ください。