BASELWORLD BVLGARI 新作

バーゼルワールド初日は、まずブルガリの新作からご紹介します。

ブルガリのブースの入り口には、軍人のような警備員が立っています。
腰には拳銃も。。。

中に入ると、テーマパークのような趣向を凝らした空間に時計を展示しています。

今日ご紹介する1本目は、「ディアゴノ・セラミック」です。
これまで人気のあったディアゴノ・ラバーが今年生産終了し、ラバーベゼルをセラミックに変更して誕生したモデルです。

以前に増して精悍なスタイルになり、セラミックの質感がとてもいいですね。

セラミックを使った時計は色々なブランドから出ていますが、ブルガリから発表されたのは今回が初めてです。

私も今回初めて知りましたが、セラミックをつくるのはかなり大変な工程なんですね。

セラミックの原料のグレー色の粉を型に入れて、25トンの圧力をかけながら約1,500℃で1週間焼き上げます。
そうすると、グレーだった素材が焼くことでブラックになり、ベゼルの大きさは何と元の30%に圧縮されるそうです。

そして、仕上げはダイヤモンドを使って磨き上げます。この最終ポリッシュには5日かかるそうです。

そうして、美しい光沢のある、傷のほとんどつかないセラミックベゼルができあがります。

ケースはステンレス、ベゼルはセラミック、ベルトはラバーです。
ほどよいカジュアルさと高級感が、いろんなシーンで活躍しそうですね。

価格は770,000円(税抜き予価)
 
発売時期は7月から8月の予定です。
 
ぜひ、店頭でご確認ください。