青い空の宝石

こんにちは。9月に入り、涼しい風を感じはじめてきましたね。

初秋の爽やかな青空のようなブルーを象徴する宝石=9月の誕生石は、ブルーサファイアです。

サファイアといっても、実は多彩な色があるんですが、
単に「サファイア」というと、ブルーサファイアを指します。

古来より、ローマ法王や、大司教の指を大々飾っているのは、神聖な「青」の宝石。

今年4月に英国ウイリアム王子がキャサリンさんへ贈った大きなサファイアの指輪も話題になりましたね。


これは、お母さんの故ダイアナ元妃がチャールズ皇太子から贈られた指輪で、
ヨーロッパでは代々宝石を受け継ぐ素晴らしい習慣が根付いているようです。

サファイアを身につけると、ロイヤルブルーと言われるその色合いが、知的レベルを高め、
品格を備えた美意識を開花させ、女性らしい、しなやかさ、優雅さと聡明さを表現できるようになります。

また、古代ローマの宝石職人は、疲れた目を癒すためにサファイアを見つめていたそうです。

みなさんも、美しいロイヤルブルーで心の安らぎを得てみるのはいかがでしょうか。