薬指には誓いの証を…♡

皆様、こんにちは!
早いもので新年になり一週間が経ちましたが、いかがお過ごしでしょうか?

さて、今回は指輪にまつわる素敵な意味合いのお話をさせて頂きたいと思います♡

結婚された方はみんな左手の薬指にお揃いの指輪をされますが、何故左手の薬指にするものか、皆様ご存知でしょうか?

昔から、”薬指と心臓は血管で繋がっているもの”と言われており、より心臓に近い「左手の薬指」は「特別な指」とされてきました。
生命を象徴する指に結婚指輪をつけることで、

「命を持って永遠の愛を誓う」

という意味から、薬指に大切な結婚指輪が付けられるようになったと言われています。

 

また、何故指輪を着けるようになったのかというと、

「その愛情が永遠に終わることのないよう」

という願いを込めて、途切れることがないリング(輪)になったとされているんです。

 

指輪は大好きな人との愛情・信頼・忠誠を確かめることが出来るものであり、お二人のこれからを一緒に歩んでくれるものでもあります***

きっと、毎日手元を見るだけで幸せな気持ちに満ち溢れることが出来るのではないでしょうか?♡

ウマキBRサロンでは常時400種類以上のリングが店頭に並んでおり、お一人お一人の大切なリングを自社アトリエで一からお作りさせて頂いています♡

皆様も是非、ウマキBRサロンでご自分にピッタリな指輪を見つけて下さい!
お待ちしております♬