結婚指輪をつけるということ

普段何気なくつけている指輪。
デザインや他の指輪とのコーディネートによってどの指にはめるかを決めている方が多くいらっしゃると思いますが、
左右各指それぞれに意味を持っています。
ではなぜ結婚指輪左手の薬指につけるのかというと…
 

1.左手の薬指は古代エジプトより神への聖なる誓いとして命に一番近い指、
  そして愛の血管が心臓に直接繋がっているとされていたため。

2.薬指は5本の指のうち一番動きが少なく、大切な指輪を落としにくいとため。

3.東洋医学ではここに指輪をはめると、
  大切なツボを刺激して健康になると同時に適度に肌が圧迫されて心地良いため。
 

いろいろな諸説がありますがそういった意味合いを含め結婚している証・二人の愛の証として結婚指輪はつけられています。

そう考えるとやっぱり二人で満足いく指輪をつけたいですよね。
どうぞお気軽にスタッフまでお申し付けください。
豊富な種類の指輪を取り揃えて皆様のご来店をお待ちいたしております。