映画とIWCパイロットウォッチ

久しぶりに、トム・クルーズ主演の「バニラ・スカイ」を観ました。

テレビで「Mi:4」の予告編を見ていたらトム・クルーズの映画が観たくなって、またまた借りてしまいました。

2001年の公開時に初めて観てから、もう10年経っていました。(笑)


バニラ・スカイは1997年のスペイン映画、「オープン・ユア・アイズ」のリメイクで、ヒロインのペネロペ・クルスも同じ役で出ていますが、ストーリーが同じでもスペイン映画とアメリカ映画ではやっぱりイメージが全然違いますね。
(ペネロペ・クルスはそれぞれスペイン語と英語で演技していて、率直にすごいなぁと思いました。)

ハリウッド映画のバニラ・スカイの方が派手な感じですね。

アカデミー賞受賞の「あの頃ペニー・レインと」(2000年)のキャメロン・クロウ監督の作品ですが、トム・クルーズとは「ザ・エージェント」(1996年)以来の作品ですね。

・・・さて
金持ちで容姿端麗なデイヴィッド(トム・クルーズ)が身につけているのは、IWCパイロットウォッチ・マークXVです。
フェラーリに乗る派手な主人公の時計としては少し地味かな?とも思いましたが、トム・クルーズによく似合っています。
映画の始まりで一瞬映るだけですが、どこか滲み出る存在感のある時計ですね。

私はこの時計が好きなので観ていて嬉しいです。

IW325501
こちらは現行のパイロットウォッチ・マークXVIです。
シンプルで見やすく、男っぽい時計ですね。

トム・クルーズは個人的にIWCが好きなようで、以前雑誌のインタビュー写真の私服姿でIWCスピットファイア・マークXVを着けていました。

IW325502
こちらは現行のスピットファイア・マークXVIです。

それにしても、IWCのパイロットウォッチはよく映画に使われていますよね。

ブラッド・ピット&アンジェリーナ・ジョリーの「Mr. & Mrs.スミス」(2005年)では、ブラッド・ピット演じる暗殺者ジョン・スミスがパイロットウォッチ・マークXVクロノグラフを身に着けていました。

IW371701
こちらは現行のパイロットクロノ・マークXVIです。

「ファイアーウォール」(2006年)でハリソン・フォード演じる銀行のセキュリティエンジニアもパイロットウォッチ・マークXVを着けていました。そういえば、この映画が公開された時はIWCがファイアーウォール・キャンペーンをしましたね。

「2012」(2009年)ではジョン・キューザック演じるSF作家が、大地震から家族を守るために調達するセスナ機と引き換えにパイロットウォッチ・マークXVIを渡すシーンが印象的でした。

私が知っているだけでもIWCのパイロットウォッチは、ヒット作に結構出ています。その落ち着いたデザインと機能性の高さからか、インテリな主人公が身につけているケースが多い気がします。

さて、話を一応「バニラ・スカイ」に戻しましょう。

トム・クルーズ演じる、容姿端麗な出版会社社長ディヴィッドは恋人ジュリー(キャメロン・ディアス)がいながら、パーティで出会ったソフィア(ペネロペ・クルス)に一目惚れします。
それを知ったジュリーが激怒。ディヴィッドを隣に乗せた車で暴走し、無理心中をはかります。
ディヴィッドは一命をとりとめたものの、顔がめちゃめちゃに崩れてしまいます・・・。
容姿に最大のプライオリティをおくディヴィッドは耐えられず、整形手術が出来るようになる未来まで自分を低温保存し、150年後に目を覚まします。
途中から物語は一気にSFに展開していきます。
長い眠りについている間、ディヴィッドは夢を見ています。そして、夢と現実の区別がつかなくなっていきます…。ソフィアとのこと、ジュリーとのこと…。
それまで自己中心的だったディヴィッドの心の中は、150年の夢の後、どのように変わったのでしょうか。


観るたびに色々考えさせられる映画です。。。

バニラ・スカイとは、こんな空のことをいうそうです。

前回観た時ともまた違った印象を受けました。

でも、印象の全く変わらないことがあります。                 

『IWCパイロットウォッチは、やっぱりカッコいい!』

映画の中に一瞬映るだけですが、滲み出るような存在感があります。


ここで、パイロットウォッチ・マークXVI 日本限定モデルをご紹介します。


短針の先がハート型になり、アラビアインデックスが小さくなって、少し優しい雰囲気です。


日本限定350本。裏蓋には日本地図と現定数のシリアルナンバーが刻印されています。

Ref : IW325516
ステンレススティール製 ブラックのアリゲーターストラップ
ケース径 39mm
自動巻き 日付表示
耐磁性軟鉄製インナーケース
ねじ込み式リューズ 6気圧防水
両面反射防止加工のドーム型サファイアガラス
¥483,000(税込み)

Ref : IW325517
ステンレススティール製 ステンレススティール・ブレスレット
ケース径 39mm
自動巻き 日付表示
耐磁性軟鉄製インナーケース
ねじ込み式リューズ 6気圧防水
両面反射防止加工のドーム型サファイアガラス
¥603,750(税込み)

IWCパイロットウォッチは1930年代からプロフェッショナルに愛用され続けている名作です。

パイロットウォッチ史上、最も有名なモデル「マーク11」の直系の跡継ぎであり、現代的な39mmサイズになることでより均整のとれたモデルとなっています。

ぜひ、店頭で実物をご覧ください。