六輝

六輝と聞いてもあまり聞きなれない言葉と感じられる方も多いかと思いますが、
大安や赤口と聞けば気づかれるのではないでしょうか?
六輝とは、暦に記されている吉凶占いの一種で、結婚式や結納等、祝辞の日取りを決める際に多く活用されています。
種類としては六つあり、それぞれ次のような意味あいがあります。
 
大安(たいあん)  何をするにしても縁起が良いとされ、お祝い事には最もふさわしい日。
 
先勝(せんしょう・さきがち) 何事も急ぐことが良い日とされており、午前中が吉とされている。婚礼はもちろん、結納等にも良いとされている日。
 
友引(ともびき・ともひき) 「友を引く」という意味から、お祝い事には良いとされている日。大安と並んで人気が高い。
 
赤口(しゃっこう・しゃっく) 正午を中心に良いとされている日。徳に婚礼は昼ごろが吉とされている。家により、避けた方が良いとしている可能性もある。
 
先負(せんぷ・さきまけ) 婚礼の様に厳粛な儀式には良い日。平静を守って吉。午後は大吉。
 
仏滅 (ぶつめつ) 一日中凶なのでお祝い事には不適。
 

最近ではいろんな式場が仏滅専用プランを用意していることもあり、こだわりの無い人にはお得な事もあります。是非、挙式日やリング購入の参考にしてみてはいかがですか?