パヴェセッティング


RINGの表面がメレダイヤで覆いつくされているように見えるこの技術はPaves(パヴェ)『フランス語で石畳の意味』と呼ばれています。

このセッティング方法は立て爪タイプのリングと比べると、出っ張りがないので引っ掛かりが少なく日常生活にも適しています。

さらに繊細でありながらもシックにもゴージャスにもなるという、様々な顔を持ったデザインが特徴なので、
パヴェを施したRINGは年齢に関係なく身に着けられることも魅力のひとつです。