☆ サムシング・フォー ☆

サムシング・フォー(Something Four) とは・・・

ヨーロッパに古くから伝わる習慣で、結婚式の日に花嫁が4つのサムシングを身に着けると、
生涯幸福な結婚生活が送られるという言い伝えで、マザーグース(英国の伝承童話)の歌等
によって語り継がれてきました。

☆ Something New (サムシング・ニュー)

サムシング・ニュー” 何か新しいものとは、新しい人生においての幸運と成功を象徴。

手袋・ベールなど、この日のために用意した新しいものを身に着けることで、あなたの人生が順調であるようにと願いをこめます。

☆ Something Old(サムシング・オールド)

サムシング・オールド” 何か古いものとは、花嫁と家族のつながりや、思い出を象徴。

ご家族から譲り受けたジュエリーやベールなどを身に着けることで、あなたの新しい人生と家族をつなぐという役割を意味します。

☆ Something Borrow(サムシング・ボロウ)

サムシング・ボロウ” 何か借りたものとは、ハンカチなど、すでに幸せな結婚生活を送っている友人などから、その幸せをお裾分けしてもらい、幸せにあやかるという意味があります。


Something Blue(サムシング・ブルー)

サムシング・ブルー何か青いものとは、幸せの象徴。

ブルーは、古代より女性の慎みと誠実、純潔を象徴する色であり、欧米では聖母マリアのシンボルカラーとして有名です。

UMAKIでは、お二人の今後の幸せな結婚生活を祈念いたしまして、マリッジリングのご成約特典として、
リングの内側にブルーダイヤ(何か青いもの)をお入れさせていただいております。

幸せをマリッジリングの内側に・・・。

詳しくはスタッフまで。皆様のご来店おまちいたしております。